40代女性の脱毛|時短と効果を狙うアラフォー賢者の選択とは?

MENU

最近の40代女性が選ぶ効率的な脱毛法とは?

40代女性の多くは、「出来るだけ早く、確実に脱毛したい!」と考える傾向が高いようです。子育てで忙しかったり、仕事でキャリアを積んだり、若いころのように時間がなく、忙しい人が多いのも40代女性の特徴でしょう。

 

40代キャリアウーマン

 

また逆に、子育てがひと段落して時間に余裕ができたって人もおられるでしょう。いずれにしても、10代や20代の子たちのように頻繁にサロンに足を運んで、気長に脱毛しようって考える人は少ないようです。

 

そんな理由から、脱毛する際には「サロンではなくクリニック(病院)」を選ぶ傾向が高いのがアラフォー女性の特徴です。サロンの「雰囲気」やキャンペーンでの「格安施術」を目当てに足を運びがちな20代女性に比べて、雰囲気よりも実利を選ぶ40代女性が目立ちます。

 

脱毛クリニック診察風景

 

多少の「費用」と「痛み」は仕方ないと割り切り、永久脱毛効果が見込めて短期間で完了できるクリニックこそ40代女性のニーズにぴったりの選択と言えます。

 

ここ2,3年の傾向に変化が…

 

ネクストジェネレーション

 

ただ最近では、クリニックを選ぶ傾向が高いことには変わりありませんが、中でも「次世代型脱毛法」を採用しているクリニックを選ぶ傾向が高いようです。40代女性が甘んじて受け入れていた「永久脱毛のデメリット」が、大幅に改善されたことが影響しています。

 

より短期間で、より痛みが少ない脱毛法とは?

 

従来型の脱毛法は「サロンの光脱毛」にしろ、「医療のレーザー脱毛」にしろ、「毛周期(もうしゅうき)」と呼ばれるサイクルに縛られて脱毛が勧められていました。

 

毛の成長段階

 

上図は「毛周期」と呼ばれる体毛の一生を現した図です。成長期に毛はぐんぐん伸び、退行期で抜け落ちる準備をし、休止期で抜けて毛穴が空になる、そしてまた成長期になって生えてくる、といった一連の流れを経て、体のムダ毛は生えたり抜けたりを繰り返しています。

 

従来の脱毛法は、この中の成長期の段階の毛にしか照射しても効果を発揮することができませんでした。光やレーザーを照射して、毛に含まれる黒い組織(メラニン)に熱を持たせる。その熱を毛根(毛の根っこ)まで伝え、そして破壊する。これが従来の脱毛法の基本的な仕組みです。

 

なぜ成長期の毛にしか効果を発揮しないのか?

 

理由は簡単で、毛周期の図を見てもらえばわかりますが、毛が毛根までしっかり繋がっているのは「成長期の毛だけ」だからです。退行期には抜ける準備を始めて、毛根から毛が浮き上がっています。毛根を破壊したいので、熱を持った毛が毛根に繋がっている必要があるからです。

 

脱毛が1度で完了できない理由もここにあり、成長期の毛は毛穴全体の20〜30%しか生えていません。1度の照射で20%程度の毛にしか効果を与えることが出来ないのです。

 

2,3か月たって、ある程度成長期の毛が生えそろってから、再度照射する。こうやって徐々に成長期の毛に照射していかないと、全体のムダ毛を脱毛することが出来ないのです。

 

次世代型脱毛「蓄熱式脱毛」とは?

 

2,3か月置きに照射し、痛みを伴う従来型の脱毛法ですが、最近では1か月置きで、しかも痛みが少ない永久脱毛法が浸透してきています。聞いたことがある人もおられるかもしれませんが、その名は「蓄熱式脱毛」という新しい脱毛法です。

 

蓄熱式脱毛施術風景

 

蓄熱式脱毛法では、毛根を破壊するのではなく、「バルジ(Bulge)」と呼ばれる、毛根よりも浅い部分にある組織にダメージを与えます。バルジでは、毛を作る「命令信号」が出されており、この命令組織(バルジ)を破壊することで命令信号がストップし、ムダ毛の再生を防ぐという理論です。

 

バルジ領域で「毛包幹細胞」と呼ばれる細胞が作られ、これが毛根まで下りていく間に分化・増殖して、そして毛母細胞となります。バルジ領域にダメージを与えることで、この毛包幹細胞が作られなくなるという仕組みです。

 

バルジ図

 

毛根ほど深い場所にないので、レーザーの出力レベルを格段に落としても効果を発揮するようになりました。このことで、感じる痛みが格段に少なくなりました。

 

またレーザーを照射して、退行期が持てるレベルの熱でも、バルジへのダメージには十分な熱量となり、そのことで成長期だけでなく退行期の毛にも脱毛効果を与えることが可能になりました。このことはつまり、1度の照射で対象となる毛が増えたことであり、脱毛完了までの期間が短くなったということでもあります。

 

サロンではなくクリニックがお勧めの理由

 

上記のような理由から、時短で確実な脱毛を目指す40代女性のニーズに合致し、蓄熱式採用のクリニックを選ぶ傾向が高まっています。早いクリニックだと、全身脱毛でも4か月完了が見込めるほど、以前よりも格段に速く確かな脱毛が可能となっています。

 

脱毛施術風景

 

よくサロンで6か月完了といったフレーズを見かけますが、サロンの光脱毛を6回受けたところで永久脱毛のような効果は見込めません。あくまでサロンの脱毛は「制毛」であって、いわゆる永久脱毛が出来ないことが法律で決められています。

 

一般的な目安ですが、従来型のサロン脱毛(SSC脱毛やIPL脱毛)といった光を使った脱毛では、12回〜18回程度の照射で自己処理不要の状態(産毛になったり生えてきにくくなったり)になれると言われています。

 

医療脱毛機(ジェントルレーズやライトシェアデュエットなど)の場合が5回〜8回で完了と言われています。

 

それが蓄熱式脱毛であれば、永久脱毛効果が認められた脱毛機(メディオスターNeXTPROやソプラノアイスプラチナム)を使い、ゆっくり通って1年以内で5回程の照射を完了し、以後は自己処理のいらない綺麗な肌を手にすることが理想でなく現実として可能となっています。

 

 

私はサロン脱毛を否定しているわけではありません。サロン脱毛には、雰囲気やキャンペーン激安施術、店舗の多さとエステティシャンのおもてなし精神など、選ぶに足る理由があるのは事実です。

 

ただ、40代以上の女性で、時短で確かな効果を得ることを目的としておられるのであれば、ここまで説明してきたように今は「蓄熱式脱毛」が最もニーズに合うお勧めの方法だと言えます♪


40代女性にお勧めの脱毛クリニック

蓄熱式脱毛を採用した40代以降の女性でも安心して通えるクリニックを以下にご紹介します。いずれも単院ではなく、複数院で運営されています。しかし、通える範囲に無い場合もありますので、公式HPで所在地を確認し、まずはあなたにとって通える範囲にあるかどうかを確認してみてください。

 

 

 

リゼクリニックHP

 

リゼクリニックは全国の主要都市に院を構える全国展開の大手医療脱毛クリニックです。有名人が実際に通っているという事もあり、非常に認知度が高い信頼できるクリニックです。全身脱毛も部分脱毛も相場よりも安く提供されています。

 

メインは「ライトシェアデュエット」と呼ばれる医療脱毛クリニックでは非常に普及している脱毛機を使っています。サブとして「メディオスターNeXTPRO」が採用されており、こちらが蓄熱式の脱毛機となっています。ちなみに、メディオスターNeXTPROはハヤブサと全くの同機種です。

 

患者さん(脱毛する人)の肌質や毛質、部位によって最適な脱毛機を使い分けて施術が行われています。女性医師と女性看護師だけの、女性専門のクリニックとなっています。最近ではLINE@でも予約状況が確認できるようになり、より予約が取りやすいクリニックとして人気が上昇しています。

 

 

 

KMクリニックHP

 

KMクリニックは「ハヤブサ」と呼ばれる蓄熱式のみを脱毛機として採用している医療クリニックです。先にデメリットを挙げると、院が2つ、東京の新宿と銀座にしかありません。その為、関東圏の方しか現実的に通うのは不可能となっています。

 

ただ、関東圏で通える範囲にある40代女性には一押しの脱毛クリニックになります。上述しましたが、蓄熱式なのでとにかく早くて痛みが少ないです。

 

費用の面でも蓄熱式は従来よりも安く設定されており、特にKMクリニックの費用はサロン並みの格安設定になっています。それでいて、医師によるアフターフォローが無料だったり、処方される薬が無料だったり、永久脱毛を安く痛みが少なく受けられる非常にありがたいクリニックとなっています。

 

 

 

湘南美容クリニックHP

 

圧倒的な院の数と実績で知られる湘南美容クリニックです。モットーは「普通の主婦のお小遣いでも美を保てるクリニック」と言われるだけあり、費用面でもサービス面でも他院にはない魅力を持つクリニックです。

 

医療脱毛の症例数は200万件を突破しており、両ワキ脱毛に関しては他院を寄せ付けないリーズナブルさで人気を博しています。脱毛機はジェントルレーズと呼ばれる代表的な医療脱毛機をメインに、サブとして蓄熱式のウルトラ美肌脱毛機が準備されています。

 

 

40代以降に脱毛する女性はどんな人?

40代以降に脱毛したいと思うのは、どんな場面に遭遇した時でしょうか。一昔前はお洒落や美容を諦める年代というイメージがあった40代ですが、今は逆に「美に目覚める年代」になっています。私も含めアラフォー世代にはラッキーな話です。

 

美に目覚める

 

40代は再びムダ毛が気になる年代

 

今40代の女性も、20代の時は独身で友人や恋人と海やプールに出かけていた人が多いでしょう。若い時は、特に男性の目を気にしてムダ毛の処理をしていたのではないかと思います。

 

40代になると子供と親子スイミングに通ったり、料金の安い市民プールに子供を連れて行ったりするようになります。そこで気になるのはママ友や子供の友達、教室の先生の目です。子育てに忙しくて忘れていたお手入れをしなければ、と再び奮起する機会になります。

 

お洒落したくなって再びムダ毛処理を意識

 

若い時に子供を産んで大きくなっていると、時間が出来てお洒落もしたくなる時期です。子育てで楽しめなかった分を取り戻すように、流行のファッションに身を包みたくなる人も多いでしょう。

 

流行のファッションには腕や脚、肩を出すものも多く、素肌を人前にさらします。若い時に比べ毛深くなったり、頑張って買った流行りのファッションを引き立たせるためには、ムダ毛をなくして肌も美しくしたくなります。

 

老後の準備に脱毛を意識

 

親子

 

40代は、「親の介護」が必要になる歳でもあります。介護の際はお風呂に入れたりなどのお世話で、裸を見る立場になります。

 

誰でも歳をとりますから、自分が逆の立場になった時に今の自分の立場に立った人に少しでも負担を軽くしてもらうにはどうするか考えます。

 

それとともに、介護者に自分を少しでも良く見せたいという思いもよぎるでしょう。脱毛で綺麗になれば、自分の恥ずかしさも半減することを望んで脱毛する人が増えています。

 

介活のために脱毛を希望する人が増えていますが、そのためには今しないと間に合わなくなるという焦りもあります。現在の脱毛法の多くは、白い毛になると受けられなくなるからです。

 

その前に脱毛しておこうという考えも働きますし、脱毛に行く体力もなくなっているかもしれません。脱毛が完了するまでの時間も考えると、身体も毛も若い今のうちにという気持ちになるのでしょう。

 

40代女性が脱毛したいけど出来ない理由

 

本当は脱毛したいけどなかなか決心がつかない40代女性も結構いると思いますが、理由には以下のようなものがあります。

 

  • 高そう
  • 恥かしい
  • 痛いのが嫌
  • 勧誘が恐い
  • 年齢制限があるかもと不安になっている

 

など価格や40代に入り、痛がったり恥ずかしかったりという気持ちもあるようです。

 

やれない理由がなくなっているエステの今

 

40代の人は若い頃に通っていたエステのイメージが残っている人が多いですが、今はエステ業界もすっかり様変わりしています。料金プランも通いやすい「お手頃」のものが増え、20年前には考えられなかった安い料金で施術が受けられるようになっているのです。

 

法律もできて無理な勧誘もできなくなっていて、それをお店のカラーにしているエステティックサロンも増えています。技術も日々進化して、ほとんど痛みを感じない脱毛法が注目され人気です。

 

40代で脱毛したいと思う場面は、結構あります。エステには若い人ばかりではなく年配の人も通いますが、恥ずかしい人は個室があるサロンを選ぶといいでしょう。

40代女性が20代のころに抱いていた脱毛のイメージと実情

40代女性が20代のころに抱いていた「脱毛のイメージ」は、今のエステの「実情」とかなりギャップがあります。私もそうですが、20代のころにエステに通っているのは、よほど美にこだわった人か、お金持ちのお戯れかってイメージでした。

 

検討する女性

 

とにかく、エステなんて庶民の私には縁遠い話でした。とにかく足を運んだら最後、次から次に契約させられてお金をむしり取られる、そんなイメージを抱いていました。

 

エステの今昔

 

40代の人の昔のイメージと今のエステの現状とのギャップはこんな感じです。

 

【左が昔のイメージ 右が実情】

  • 高い→豊富な料金プランや格安料金、割引サービスがある
  • 何をされるかわからない→ネットで情報収集が簡単になり、施術の流れやお店の様子が分かる
  • しつこい→無理な勧誘はしないと宣言しているお店が増えている
  • 感じが悪い→接客の教育にも力を入れている
  • 痛い→光による脱毛が主流になり、痛みはそれほど感じなくなっている
  • 失敗が恐い→技術が進歩し、教育も徹底され、補償もしっかりしてきた

 

すべてのエステが良いわけではありませんが、現状は昔とは大きく変わってきています。

 

トラブルが多発したエステ業界

 

40代の女性が昔持っていたイメージと実情に大きなギャップがあるのには、理由があります。エステのサービスが始まった頃は法律も技術もしっかりしていなかったので、たびたび問題が起きたものです

 

トラブルイメージ

 

資格を必要としないエステでは、未熟なエステティシャンの施術で大きな被害を受けた人もいました。ひどい火傷を負ったり化膿したりという被害者がテレビでその姿を公開したり、インタビューに答えている姿に驚愕した人も多いはずです。

 

今のエステ業界は各社教育に力を入れ、エステティシャンを養成する学校もあります。万が一のトラブルに備えて、補償や「全額返金保証」があったりと安心も一緒に売る時代になっています。

 

お金のトラブルも多かったエステ業界の歴史

 

エステティックサロンと施術を受けた人の間では、施術のトラブルの他にも「お金に関するトラブル」がたくさんありました。強引な勧誘で高額なローンを組まされたという被害を訴える人が続出し、エステにはダークなイメージもつきまとうようになりました。

 

ローンを無理やり組ませた上に途中解約を認めず、引っ越しなどで施術を受けられなくなった後もローンだけ残って泣き寝入りした人も多かったのです。

 

無料お試しや格安プランで誘っておいて、身動きできない施術の時に高額プランの契約を迫られて泣く泣く契約したというケースもあります。駅前などではよくチラシが配られていましたが、受け取った人の手を引っ張って無理やりお店に連れていくという行為も行われていました。

 

エステ業界の今

 

そういった被害者が続出し、裁判になったりしてダークなイメージが付いてしまったエステ業界はイメージアップに力を入れ始めます。イメージが悪くなれば顧客は離れていき、利益も上がらなくなりますから、一掃することが業界の発展にもつながると気付いたのでしょう。

 

今は法整備がなされ、理由なく途中解約することが可能になり、違約金の上限も定められています。書面を渡すことが義務付けられたり、「クーリングオフ」があったりと、利用者がお金のトラブルに合わないように配慮もされています。

 

トラブルがあった場合は消費者センターやAEA(日本エステティック業協会)に相談することもでき、利用者が無駄なお金を払う立場に立たされることは少なくなっています。

 

一昔前のエステティックサロンは、値段もリスクもエステティシャンの態度もお高く、敷居が高いというマイナスなイメージもありました。今はエステ業界の企業努力により、入りやすくて値段も安く、エステティシャンも話しやすいイメージが強くなりました。

40代以降の女性が脱毛することで得られるメリット

「40代に入ってから脱毛したって手遅れでしょ?」と思いがちですが、40代の人が脱毛すると40代の人にうれしいメリットがいっぱいあります。脱毛することで悩みが減ったり、生活がちょっと楽になったりという期待も持てます。

 

40代女性笑顔

 

40代脱毛の具体的なメリット

 

まずは大きく考えて40代女性の脱毛を受けるメリットをみてみましょう。

 

  • 若く見える
  • お手入れが楽になる
  • 化粧のりが良くなる
  • 匂いが気にならなくなる
  • 女らしさを取り戻せる

 

年齢に関係なく、脱毛したい理由の一番は「きれいになりたい」ということでしょう。40代の人のきれいの基準は年齢より若く見られることで、若く見られるためには「肌がきれいなこと」は大きなポイントになります。

 

化粧のりを気にして産毛を剃っている人もいると思いますが、カミソリで肌に負担がかかって逆効果になっているかもしれません。ファンデーションを塗る度に粉がふいたようになるのをなんとかしたいと、美容液をたっぷり塗ったりしていませんか。顔脱毛でカミソリや美容液が必要なくなれば、化粧がのりやすくなり、美容液も少なく済んで家計も助かります。

 

脱毛でお悩み解決!

 

体臭

 

40代の女性が悩み始めるのが「体臭」で、女性も加齢によって若いころにはなかった不快臭が出るようになります。体臭の原因となっているものの1つにムダ毛があって、特に陰部や脇から出る悪臭は気になります。

 

脇やVIOラインを脱毛することで、匂いが気にならなくなったという人が多いです。VIOラインを処理すると、蒸れやすかった下着の中の通気性がよくなり、かぶれも減らせます。この部分をケアすれば、プールや温泉に行く時も自己処理が楽になるメリットも見逃せません。

 

女性ホルモンが減っても脱毛でお悩み脱出!

 

40代で体臭が気になるのは、「女性ホルモンが減ること」も関係しています。女性ホルモンが減って相対的に男性ホルモンが増えることで、顔の産毛が濃くなり髭を生やしたようになっている人が結構います。

 

特に口角の上の部分の毛が濃くなって、このまま女じゃなくなっていくのかなという不安や恐怖に襲われたりもします。顔脱毛で肌がつるつるになれば、女性としての自覚と自信を再確認できるでしょう。

 

脱毛が、残りの人生も女性としての幸せを謳歌するためのスタートラインになるかもしれません。ある調査では40代で脱毛している人は40パーセントで、脱毛が若い人のものというイメージは遠い昔のことになっています。むしろ40代にこそメリットが大きい美容法でもあり、健康や生活の向上にもメリットが期待できます。

40代以上の女性にお勧めの脱毛部位は?

40代以上の女性が脱毛したいと思った時に、お勧めしたい部位はどこで、どんな理由があるのでしょうか。一気に全身脱毛は不安だから部分的に順番にやろうという人は、最初にどこを脱毛するべきかの参考にしてください。

 

女性が特に脱毛したい部位は?

 

全身脱毛部位図

 

あるアンケートで脱毛したい部位の結果はこんな感じでした。

 

  • 1位 VIO
  • 2位 ワキ
  • 3位 脚
  • 4位 顔
  • 5位 腕

 

自分で処理しにくいところで、女性らしさと清潔さの指標にもなる場所が上位ですね。脱毛したい人が多い部位は、脱毛がおすすめの部位でもあります。

 

子どもが大きくなり、仕事にも復帰してお金にも少し余裕ができた頃、ちょっと気になるのが体型です。鏡を見ると、膨らんだお腹や太くなった太腿、垂れたお尻が映ります。

 

そろそろ自分に投資してもいいだろうという気持ちになり、ダイエットのためにスポーツクラブに通う人も多くなります。今まで運動をしてこなかった人はハード運動を避けて、膝や腰に負担の少ない水泳を選ぶ人が多いです。

 

そこで気になるのが「VIO(デリケートゾーン)」と「ワキ」のムダ毛ですが、ムダ毛を処理することでダイエットや体力づくりに集中しやすくなります。

 

脱毛で第一印象がアップする

 

脱毛してきれいに見られたいというのが脱毛を希望する人の願いだと思いますが、初対面の時に最初に見られるのはやっぱり「」です。肌の質が目にみえて衰えていく上に、濃くなっていく産毛のせいでお化粧の仕上がり具合も悪くなります

 

今は技術が進歩して、産毛もケアできる脱毛法を実施するサロンも多いです。化粧のりがいい肌は素肌がきれいということですから、すっぴん力もアップしてメイクが必要ない肌も目指せます。顔のムダ毛を処理することで第一印象に自信が付き、「自己アピール力」もアップさせられます。

 

脱毛すると肌力アップも期待できる

 

光脱毛がエステの脱毛の代名詞のようになっています。ムダ毛だけなくなっても、肌がカサカサでは印象が悪くなりますが、光脱毛には美肌効果も期待できます

 

脱毛に使われるマシンには「メラニン色素」に反応するものや新陳代謝が期待できるものが多く使われ、40代女性で悩んでいる人が多い「シミ」や「しわ」、「ほうれい線」の解消も助けてくれるのです。美容ジェルを使う脱毛法もあり、脱毛と肌力アップの両方をサポートします。

 

脱毛がおすすめな場所は、いつも人目にさらされている場所と普段は隠れているからこそ人目に触れると恥ずかしい場所ということですね。見えるところも見えないところも、いつもきれいなアラフォー女子になれたら素敵ですね。

40代女性に人気のVIO脱毛とは?

VIO脱毛ってよく聞くけど何の事?と思っている人もいるかもしれませんね。なんとなくわかるけど、よくわからないVIOの詳しい場所や特徴とはどんなものなのでしょうか。

 

「V」と「I」と「O」はそれぞれどこ?

 

VIO脱毛とは、「アンダーヘア」を脱毛することを指します。V・I・Oのアルファベットの文字が、施術する場所の形が似ていることからそう呼ばれています。

 

VIO説明画像

 

  • 「V」=いわゆるビキニライン(股間を真ん中にして左右の脚の付け根周辺)、お店によっては前面から見えるデリケートゾーン全体を指す
  • 「I」=陰部の左右とその周り
  • 「O」=お尻の穴の周り

 

法律で決まっているわけでも、医学用語でもありません。そのため定義にはサロンごとに多少ばらつきがあります

 

他人に見せるのに躊躇する場所ですから、施術を決心するまでに勇気が要ります。そこにVIOという親しみやすい名前が付いたことで、かなりハードルが低くなり、施術する側とされる側の壁も薄くなるという効果も見られます。

 

豊富なデザインが楽しめるVライン

 

VIOの中でVラインは、目的や好みによって「デザイン」を変えることができます。際どいデザインのビキニでもうまく隠すことができるデザインや男性に人気のあるデザイン、個性を出せるデザインなどその数も豊富です。

 

全部の毛をなくす「ハイジニーナ脱毛」にはまだ抵抗がある人もいるようですが、人気も高いです。欧米ではもう一般的になっているようなので、日本で定着する日も近いかもしれませんね。

 

定番のデザイン

 

定番で人気があるのは、「スクエア型」と「逆三角形型」です。スクエアは四角のことですが、Vライン脱毛でスクエアというと「台形が逆になったような形」です。逆三角形はそのまま逆三角形で、大きめにする場合と小さくする場合があります。自然の形に近く、いかにも脱毛しました感が残らないのがナチュラル派の人に好評です。

 

男性に人気のあるデザイン

 

男性にも、定番のスクエア型と逆三角形型が人気です。日本の男性はあまり斬新なものを好まない傾向がありますから、自然に近いほうが人気は高いのでしょう。肯定派と否定派に分かれますが、ハイジニーナを好む男性も多いです。

 

ちょっと変わったデザイン

 

個性派を自負しているなら、とことんデザインにこだわってみるのもいいでしょう。ハート型や星形など、好きな形に整えてくれるお店もあります。隠れた場所で、常識にこだわらない自分らしさを表現するのも面白いですね。初めから斬新なのはちょっとという人は、優しい感じの出せる楕円形から挑戦してみるのがおすすめです。

 

隠せるデザイン

 

Vラインを脱毛する人は、見えてしまうムダ毛を隠したいという人が多いですから、デザインにも隠しやすさが重視されます。定番のデザインの中で、最も隠しやすいのは長方形のIラインです。Iラインにすればビキニからはみ出るムダ毛はほとんどなくなり、面積を狭くすれば透けるムダ毛もなくせます。自然派の人には向きませんが、隠すのが目的な人には最適です。

 

40代女性にお勧めの脱毛クリニック